[京都の小窓] 「逃現郷」にあったフランス製のメジャーがイカしていた

逃現郷」のマスターと話していたら「これ見てください」ってことで出てきたのがこのフランス製のメジャー。
「made in France」とありながらも、英語だし、メートル法なメジャーなんですが、デザインと機能がきれいにまとまっていたのでとてもグッときてしまい、紹介することにw

上部にはメジャーの中が見えるようになっていて、どれだけ引き出しているかわかるという仕組み。

底から引き出したのは、メジャー本体を対象に固定するためのフック。
マスターと「ひとりぼっちなボク達向けの機能だね!」なんていっていたのですが、テンションが上がる機能です。

メジャーを引き出すとこんな感じね。
う〜ん、かっこいい。

逃現郷」の店の棚に置いても全然違和感ありません。
すばらしいデザインですねー。

逃現郷」のマスター、これをとある金物店のおじさんから言い値で売ってもらったそうです。
う〜ん、すばらしいゲットの仕方ですね。
人のつながりから素敵なものが手に入るってことは、値段以上の価値があるということです。

 

 

関連記事