[京都の食] 時には現実から逃げてみる・・・「逃現郷」

「最近、オメー、カフェとかばっかり行ってねぇか?」と、そろそろ思っている読者の方もいるかもしれませんね。。。
いいんです、だって事実だから!!w

だって、梅雨で雨ばっかりだし、雨が降ってなくてもジメジメと暑い・・・そんな時は誰だってカフェや喫茶店にいっちゃうでしょ?
大体、京都のジメジメは半端じゃないっすからね。
まるで「水の中を泳いでいる」と思うほどですよ。

・・・と、いきなり言い訳から入りましたが、今回は今出川大宮の交差点近くに最近できた「逃現郷」という喫茶店のレポートです。

店内はこんな感じ。

カウンターですよ。
ボクは、タイル張りの柱が気になってしょうがありません。
邪魔!ってんじゃないですよ、、、元々この建物にあったものなのかどうなのかってポイントで気になっているのです。

そもそもこの「逃現郷」、ボクの住んでいる所の目の前にあるんですが、工事中の時から気になっていて、前を通る度に「まだかなぁ〜。まだできないのかなぁ〜」と覗き込んでいたのです。
いざできたら、なかなかステキな喫茶店に仕上がっていて、嬉しくなってしまったというわけです。
オープン初日から早速行ってみましたよ。

コーヒー。
もちろん美味しいですよ。

こちらはトースト(?っていうんだっけ?プレートで焼く奴ですな)。

気に入って、オープン初日を含めて2回ほどお邪魔しました。
結構、お客さんも入っていて、店長さんはなかなか急がしそうでした(なのでまだお話できてない)。

で、家の近くということもあり3回目に行ってみると・・・

こんな張り紙が・・・
おお・・・なんということでしょう・・・「休業」の文字が踊っているではありませんか。。。

ちょと残念に思いながらも、きっとさらに「ステキ度」をアップして再オープンしてくれるだろう!と期待を寄せて、その日は退散することに。
どうなるんでしょうね?
みなさんも楽しみに待ちましょう!w
もちろん、どうしてそうなったのかを店長さんに聞いてみることこそがボクは楽しみなんですがw


より大きな地図で 京都の食 を表示

関連記事