[建物] 上賀茂の土塀

上賀茂をぶらり。歩いていると時代を感じさせる土塀がありましたよ。
かなりはげてきています。

近くで観察すると藁を練り込んであるのが分かります。
コンクリートに鉄筋を入れるのと同じですね。
たくさん取れるものを再利用。
土塀は防水として油を練り込むこともあるようですが・・・こちらは高価なんでしょうね。
姫路城や竜安寺にあるそうな。今度行ってみよう。
見た目では分からないだろうけどw

表面が多少はげたくらいではびくともしなさそうな重厚感がいいですねぇ。
厚みがどれくらいあるのか気になります。

屋根の裏側も部分的に落ちてます。
何が入っているのかよくわかりませんでした。
瓦の下地は板や泥で作るらしいけど・・・棒?

別の一面には削りあとがいっぱいついてました。
瓦の波々と同じ間隔だから、落ち着いて考えれば雨だれのあとなんですが・・・
「あ、それな。鵺(ぬえ)がひっかいていったんや。」
とか言ってくれませんかねw
・・・無いか。
残念ながら、お家の方にお話は聞けませんでした。
鵺ではないとしても、雨でこれだけ削れるのに何年かかるのか想像がつきません。

人の気配がするのが古いものの味でしょうか。
主観にもよりますが、「いい感じ」と「汚い」の境目は微妙ですねぇ。


より大きな地図で 京都の風景 を表示

関連記事