[京都の食] 生そば常盤と割り箸システム

肉大好きの誰もが憧れる「三嶋亭」のはす向かいにある「生そば常盤」。
とっても気楽に入れるそば屋さんですが、場所が場所だけに京都に住んでいる人は近所の人でないかぎりあまり入らないのではないでしょうか?

最近、そんな「生そば常盤」にしょっちゅう行っています。

上の写真は入り口部分。派手ですね!
見たことがある人も多いことでしょう。

中はこんな感じ。
普通ですが、外国人観光客も利用しています(右端)。
この人たちはフランス語をしゃべっていましたよ。
この店内にフランス語は、なかなかのミスマッチですが、ぼんやり聞いていると結構クラクラしてきていい感じでもありますw

この日は焼き魚定食をゲット。
ふりかけが付いているのが気が利いています。
みそ汁の代わりにわんこそば。

ふとみると割り箸がない。。。そんなことに気づくでしょう。
しかしご安心を。

テーブルの横に設置されたこの機械が問題を解決してくれます。

このボタン。。。ボタンなのか?。。。を押すと、ポコッと割り箸が出てくる仕組み。
我々には面倒くさいだけでも、外国人観光客にはウケますね、これw

そば屋さんなんですが、定食は結構おすすめかも。
ボクはかなり好きです。


より大きな地図で 京都の食 を表示

関連記事