[京都SWITCH的イベント] 第二回花街ミーティングを開催しました

第二回花街ミーティングを2010年5月21日、きんせ旅館バーで行いました。

相変わらず「なにする会合なのか?」は決まっていませんが、とにかく、花街跡を巡ったり、花街文化にふれるのが好きな人があつまってお酒を呑んでワーワーやるという点でブレはないようですw

今回集まってくれたのは・・・
もはや花街ミーティングには欠かせない存在の@miyamaguchiさん。
島原在住の英会話の先生・アランくん(きんせの2階で教室やってる)。
日本舞踊など和文化に造詣が深い@slfrn730さん(みんなのリクエストで、この日も歌を一節披露してくれました)。
西陣在住、ハカリの会社に勤めている@Shin_aniさん。
最近京都にやってきたという、コピーライター&編集者の@yinamotoさん。
はてなでマーケティングしてる@kiyoheroくん。

そして、いつもお世話になってるきんせ旅館の安達さんに。。。ボクという布陣でした。

みんながバラバラと集まってくるまで、一人で呑んでいたのですが、その時に「きんせ」は「金清」と書いていたって事実を知って、なぜか衝撃を受けるボクw

まだ、アランくんと@kiyoheroくんが来てない時だったけど、とりあえず集合写真w

どんな話をしていたのかに興味がある人もいると思うんですが、実はちゃんとまとめられない。。。w

アランくんが来てからは、アランくんの疑問に@slfrn730さんが答えるというパターンができてましたが、実際@slfrn730さんが何を言ってるのかボクにもまったくわからなかった・・・w
「花街の今と昔」に関する話だったと思うけど、きっちりと「こっからここまではこう!」とか「こういうことがあったからこうなった」みたいなはっきりした話は一つもないわけで、すべてがぼんやりしているってことを言いたいことだけはわかりました。
でも、確かにぼんやりしているし、普通の歴史のようにちゃんと語り継がれているわけではないので、全部把握するのはかなり難しいし、ましてや外国の人に理路整然と説明するのは不可能かもしれません。
@slfrn730さん、お疲れ様でした!nice try!! ;-)

次回は「上七軒歌舞練場のビアガーデン」に行こうってことで決定です。
今回参加された方々、そしてこれから参加してみようってみなさん、第三回花街ミーティングよろしくでっす!(詳細は決定してからお知らせします)

あ・・・最後にきんせ旅館の安達さん、ほんとうにどうも有難うございました!!

きんせのバー、雰囲気サイコーですから、まだ行ったことない人も是非行ってみてくださいね。

 

 

関連記事