[街の風景] 黄昏亭体験メモ

黄昏亭というバーに行ってきました。
京都SWITCHで会った複数の方からその噂を聞いていました。
「いい樹なもんだ」の黒田さんも知っていて、「すごいよ」とのこと。

ネットで調べてみても「鵺の鳴く夜は 黄昏亭」。。。こんな素敵な記事が見つかったりで、、、ボクの興味深々メーターは完全に振り切っていたのでした。

ママさんと一杯話をさせてもらい、美味しく・・・この日は何故かかなり久しぶりにウィスキーを・・・いただきました。
「ママさん」というのはちょと変だ・・・名前で「○○さん」というのがいい・・・と思うくらいいろんな話をさせてもらいましたよ。

なので、お店の紹介を京都SWITCHでしようかどうかとっても迷っていたのです。
でも、京都SWITCHを通して知り合った人に教えてもらった場所ですし、感謝の意を込めて少しは紹介しなくちゃいけないと思ったのです。

上の写真は、店内にあった(階段上の)出窓。
階段からの光と、イカしたガラスと、古い雑誌が、怪しい雰囲気をかもし出しています。

こちらは、入り口。
階段からの光がつくる影がグッときます。

これらの写真、飲む前に撮ったのですが、ボクはこの雰囲気に完全に酔っ払っていたのでした。

みなさんも、もしこのお店を見つけることができれば行ってみてはいかがでしょう?
こういうお店では自分をさらけ出さないと通用しませんが、それができるかできないか・・・実力が試される・・・そんな場所でございます。

 

関連記事