[街の風景] 車だらけ

ゴールデンウィークですね。
京都市街も人がいっぱいです。

ブラブラ歩いていると、人の多さだけでなく、車の多さにも気づきます。
ゴールデンウィークでなくてもそこそこ多いわけですが、この時期はそれに拍車をかけて多いのを感じますよ。

狭い道が多い中、「なんでこんなところに車で入ってくるんだ?」と思うケース多発中。
ボクとしては、路上禁煙とおなじように車も規制したらいいのにと思うのでした。
(ずっと歩いていると、排気ガスをかなり吸っているはずで、実際喉がいたくなりますぜ!(タクシーの数を減らした上で)商用車だけにするだけでもかなり違う気はする)

しかし、「観光」をうたっている以上、なかなかそういう規制は難しいのかも?

もちろん、ボクが言うまでもなく問題意識を持つ人も多いはずで・・・実際、「自転車で!」とか「徒歩で!」っていうキャンペーンもよく見ます。
ただ、それはそれで、自転車走行に関するルールがぼんやりしている為か、危険なことも結構あると思うなぁ。

ルールでどうにかしようとするってのをもっとやったらいいと思うけど、一方で、人間側でもマナーってもんを育てる努力は必要なんだろうなとボンヤリ思います。

御幸町通を歩いていたら、上の写真のような、無残な三角コーンを目撃。
観光の町の真ん中にゴミなっているのを放置しておくのもどうかと思うけど、なんでこんなことになるんや?という方が気になります。
こんな風にならないにしても、狭い道で車に巻き込まれたら・・・こわいわー!!w
(ってか、便乗でカサとか捨てんなよ!!)

 

関連記事