[京都の食] cafe1001

twitterの流れるタイムラインをボーッとみていることがあるのですが、そんな中から見つけたcafe1001さんに行ってきました。
Webサイトを覗くと、なんと西陣にあって家からかなり近いのでした。
「こんなのあったかなぁ?」と思いつつ、「行かねばなるまい」ってことで出陣ですw

場所は一条通沿いで、千本通東入るです。
何度も歩いているはずなのですが、cafe1001さんを見るのははじめて。
ボクがボーッとしすぎているのか?と思いつつ、店主の久世さんに聞いてみると・・・・「先週オープンしました」とのこと。
おおっ!w

入り口では、白いふくろうがお出迎え。
これ、ふくろうですよね??うん、きっとそうですw

店内はこんな感じ。
カウンターに、座敷席に、テーブル席。
いいバランスです。

ボクは、座敷席がいっぱいだったので、テーブル席で休ませていただきました。
ボクが行った日の前日に行ったという「ことばのはおと」の中村さん夫妻は、レポート写真によると座敷席をゲットしていた模様。
さすが、やるなっ!

あ、Webサイトに乗ってた看板だ。
これはお店の一番奥の縁側にありました。

この建物は、明治時代後期(百数十年前)に建てられた町家で、蔵を構えています。

土間、蔵、土壁、昔ながらの間取り、懐かしくもあり、ほっこりできる時間がここにはあります。

もともとは戦前より機織工場でした。
きれいにし過ぎず土壁など使えるところは、修繕しながら使っていこうと古材も積極的に活用しました。

「西陣の街を元気に!」 を合言葉に新しく生まれ変わりました。

と、おっしゃっている気持ちを、こういうのを見ると共有できますね〜。

これは庭の様子。
やっぱり「植物」はいいです。
いとうせいこうさんたちと「plants+ network」をやっているにも関わらず、相変わらず「興味ない」のでありますが・・・生活の中に植物があることに関しては少しずつ意識が変わってきているかもしれません。
こういうのを見るとかなり反応してしまうのでした。
「興味ない」なんてもういっちゃいけないのかもしれませんねw

これは、本棚と・・・「絵葉書の壁」?
京都SWITCHもこういうところに貼ってもらう為に、なにか作ろうかな?w

コーヒーです。
水出しコーヒーとのこと。
かなりボク好みの味で、うれしかったです。

水出しコーヒーといえば、いまとなってはすぐに「カフェ&バー きんせ旅館」を思い出しますが、味はそれぞれ個性を感じましたよ。

椅子。
この椅子、結構気に入ってしまいました。
なんとも座り易いのです。
見ての通り木製ですが、造りも重厚で、手がかかっている感じ。

各席には、一つずつおもちゃが置いてありました。
ボクの席には知恵の輪。
他にはルービックキューブとかあった気がします。

で、「お客さまノート」も各席に設置されてました。
ボクは、こういうのに書き込むことはしない性質なので書き込みはしないのですが、なんか高校生の頃に友達と行っていた喫茶店を思い出しましたよw
入り浸っていたので、設置されていたノートを伝言代わりにして、パチンコ屋で待ち合わせたり・・・懐かしいなぁ〜w

店内をふらふらさせてもらって、違和感を感じて反応してしまったのが、コレ。
思わず聞いてみました。

元CAさんによる「英語・接客・マナー教室」らしいのですが、cafe1001さんの2階でやっているそうです。
そういえば、この看板、以前一条通を歩いている時に見たかも?
前は外についてた気がします。

2階にはこれ以外にもう一つなにかの事務所があるらしいです。
でも、両方とも滅多に人はこないとのこと。
「教室」も別のところでやっているらしい・・・とのことでしたー。

「へ〜」なんつって、2階を興味津々で覗いてみると、こんな電源盤があり、一気にこのむき出し感に心を奪われましたw
むき出しっていいなぁ〜。

 

というわけで、cafe1001さんでほっこりした時間をすごさせていただいたというお話。
まだいろいろレポートポイントはあったのですが、それはまたの機会に。
これだけのんびりできて、タバコも吸えて、美味しいコーヒーもあって、家から近い・・・もう通うしかないです。
一つだけお願いしたいこととしては・・・是非とも無線LANを!!
もしよかったらボクの家で眠っている「fon」のルータを進呈しますからっ!w

あ、そうそう・・・ランチやディナー用にプレートもありましたよ。
ご飯も食べられるなんて、至れり尽くせりですなぁ〜、すばらしい!


より大きな地図で 京都の食 を表示

関連記事