[建物] 東寺の東大門が開いたというので様子を見に行ってみた

京都新聞の記事で『「不開門」670年ぶり?開く東寺、尊氏が難逃れて以来か』というのを見ました。
twitterで「終わってからいうなや!!」とさけびつつ、「まだ見れるかも」と思い、すぐにチャリで出動しました。

ボクは、「仏像を観るのが好き」と人に言うことがありますが、実は「寺の門を観るのが好き」という謎の趣向があったりします。
なのでいてもたってもいられなくなってしまったというわけw

でも、上の写真の通り・・・もはやすべてがベールに隠されてしまっていました。

「見えるわけない」と思いつつも、少しの隙間から見ようとがんばりますw

あきらめるのが悔しくて、視点を別のところにもっていく始末w

「しょうがねーなー」ってことで、南大門から内側に行って、東大門が内側から観られるかチェックすることに。
観られるとわかれば、拝観料を払って入っていくつもりでしたが・・・

桜の木や人で、内側から観られるのかどうか全然見えないのでした・・・

「門を内側から観たって意味ねーんだよ!」と悔しさをにじませながら、ついに諦めることに・・・
南大門も写真を撮って、自分を慰めます。

諦めたはずなのに、かなり後ろ髪を引かれているボク。
さらに、西側の壬生通に面している。。。東寺の門では唯一国宝の蓮華門を観ることに。

この八脚門、何度観てもほんとに美しいです。
門が開いてないことや、写真を撮るときにどんなにがんばっても電線が入っちゃうことなど、ガッカリなポイントもあるわけですが、全体やディテール、ずーっと観てても全然飽きません。

やっとここで「東大門?足利尊氏??どうでもいいぜ!」と思えるようになりましたw

門というと、奈良・東大寺の転害門が大好きなのですが、その転害門も八脚門で、この蓮華門は結構にています。
(転害門は、東大寺創建から唯一残っていると言われる古い門ですが(天平時代)、この蓮華門は鎌倉時代のものです)

う〜ん、いいですなぁw

関連記事