[ショップ] リニューアルした「いい樹なもんだ」に行ってきた

嵐山から三宅八幡に場所を移してリニューアルオープンした「いい樹なもんだ」。
オープン当日、「まだちゃんと出来てないんじゃないか?」という心配な気持ちを胸に、チャリを飛ばして行ってきましたw

でも・・・ちゃんと出来てましたよ!!w
出来てたことにびっくりしたのと、その出来の良さにびっくりしたのとで、なんだかテンション上がってしまいました。

上の写真は入り口ね。

これは、鯖街道(国道367)に面した側にかかっていた「楽書」のバナー。

看板や行灯も、あなたを誘っていますよ。

よく見ると、少し南側にお誘いの看板もありました。

で、こちらはメインのギャラリースペースの展示。
このメインのギャラリースペースと、廊下でつながった、もう一つのギャラリースペースがあるんですが、その配置がなかなか工夫されていて楽しい気持ちにさせてくれました。

こちらが、廊下の向こうにあるもうひとつのギャラリースペース。
こちらには黒田さんの作品がこちらに展示されていました。
もちろん「楽書」作品多し!!

その他、気に入ったものとして・・・
臼の上に「楽書」。
歩きますよ、ボクは。どこまでも。

こちらは、空調の室外機を隠していた扉についてた「引手」。
黒田さんが、知り合いの職人さんにもらったものを付けたと言ってました。
これはなかなかグッときます。

これは、2つのギャラリースペースをつなぐ廊下にあった・・・何?これ?w
相変わらず植物の名前はわかりませんが・・・ほっこりさせてくれることだけは確か!

これは、黒田さんがオープン前日に大原まで行ってとってきたという桜。
寒桜とのことで、まだつぼみのままですが、そのうちパッと咲くのでしょう。
(いい樹なもんだの前を流れる高野川沿いには普通の桜が結構咲いてましたよ)

 

一通り、ギャラリーを見せてもらってから、三宅八幡界隈の話を聞いていたんですが、「この辺、水路が多い」って話から「水路の文化」を代表する「水車」が結構あるって話になりました。
で、「ひとつ見つけた」と黒田さんが言うので、場所を聞いて行ってみて来ました。
しかし・・・ボクが見た水車は、黒田さんが教えてくれのとは別で・・・結局、その後二人して二つの水車を確認しに行き、ついでに三宅八幡めぐりをしたのでした。

水車の件、「水路文化」の件などなど・・・また、別の記事に書こうと思います。
お楽しみに!

そして、みなさんも是非「いい樹なもんだ」に行ってみてくださいね。
ゆったりした気分になれることは、ボクが保証しますよ!(ちがう印象を抱いたとしても、文句は受け付けませんケドw)


より大きな地図で 京都の小窓 を表示

関連記事