[ショップ] 哲学の道 ギャラリー高野

京都の老舗出版社「マリア書房」の社長・高野さんとミーティングをするために、ギャラリーにお邪魔してきました。

前に大文字山に登ったときに、山から降りてへろへろになってこの辺をふらついているときにこの「ギャラリー高野」の存在に気づいていたのですが、その時は疲れ切っていて寄ってみる気力もなく通り過ぎたのでした。
その後、そのままになっていましたが、今回再度訪れるチャンスをいただいたというわけです。

愉快なおっさんが出迎えてくれますw
右足がもげているのを見てしまうと痛々しいのではありますが、それを気づかせない愉快さを発散してくれていますね。

大文字山から降りてきたときは、このおっさんを見て「くそー、陽気にニコニコしやがって~」と思ったのは秘密ですがw

ギャラリーでは、様々なポストカードや木版画などを購入できます。

この看板にあしらわれているポストカードは「大石浩司」という方の作品だそうで、一番の売れ筋だそうです。
もちろんマリア書房の出版物も入手可能。

帰りに、久野健さんの「仏像名品新発見」という刺激的な一冊と。。。

高野さん一押しの楠堂葵(くすどうあおい)さんの水彩画集を、いただいてしまいました。
「いただいた」というか、、、ボクの物欲しそうな眼差しに反応していただいたというか。。。(どうもありがとうございました!>高野さん)

ギャラリー高野」は哲学の道にある「桜橋」を渡ってすぐのところ(よーじやのもっと奥)にありますので、ぶらりと寄ってみるのがおすすめです。


より大きな地図で 京都の小窓 を表示

 

関連記事