[京都の食] 京都とは思えない、カフェ/バー OIL

シルバーアクセサリーたま」のあべさんが、「オンライン手作り市にぴったりの作家さん、紹介します」といって作家さんに引き合わせてくれました。

で、待ち合わせたのが麩屋町六角上ルにあるカフェ/バーの「OIL」さんです。

京都とは思えないくらいに解放感抜群の広さですよ。
上の写真は、元はマスター自らが自宅で使っていたという(マジで???w)、タンノイのスピーカーです。

こちらにはジャズを中心としたCDやアナログレコードがいっぱい。
これもきっとマスターのものだったんでしょうねぇ〜w

広いってだけじゃありませんぜ!
東側に向かって、なんと広々としたテラスがあります。

 

とにかくお店全体が、お客さんがいっぱいになってもこの解放感は変わらないだろうと思わせる広さです。
こういう感じの「人と人の距離感」は京都にはなかなかないものですから、ボクはとっても気に入ってしまいましたよ。

マスターの北村さんは、東京から京都にきた方で、OILは開店して、まだ1ヶ月程度とのこと。
これからしっかり軌道にのせたいとおっしゃってました。

今後はカフェタイムに行ってみたいと思います。
これでコーヒーがボク好みだったら、もうどうしよう!って感じですよw

午後3時くらいからオープンしているそうで、今はまだ年中無休だそうです。

ちなみに「たま」のあべさんは、バイトのかわぐちくん(だっけ?ごめん、名前が・・・w)にぞっこんの模様でした。
「彼、かわいいでしょぉ〜」を連発していたのはお酒のせいばかりではないと、ボクは思っていますw


より大きな地図で 京都の食 を表示

関連記事