[街の風景] 箔屋野口さんの扉飾り

ボクの家の近くに箔画の野口琢郎さんの工房があります。
キレイに整った町家で、いつも「立派だなぁ」と思って前を通っています。

前を通るときにいつも目に入るのがこの扉の扉飾り。
キレイに整えられた町家ですが、パーツは昔のものをそのまま使っているのでしょう。
この扉・扉飾りには、イマジネーションをくすぐられます。

入り口には、鮮やかな青の暖簾。「粋」ですね。

どうやら、中の一部を公開しているようでもあり、いつか行ってみたいとも思っています。
「箔画」というのをどう楽しんでいいのかは全然わかりませんが、素人なりに思うところもあるはずですし。

「金銀糸 製造販売 野口商店」という看板と「GOLD LEAF ART - AVAILABLE WORKS DISPLAY - HAKUYA NOGUCHI」という新旧の看板の対比にもグッときますね。


より大きな地図で 京都の小窓 を表示