[ライブ] 汚点紫(しみむらさき)の「畳アンプラグド」

この前、「拾得(じっとく)」でAUXのライブを観て、「その後、どこでいつやるんだろ?」と思ってAUXサイトでチェックしたところ、行きたいと思っていた「汚点紫(しみむらさき)」で定期的に行われるアコースティックライブ「畳アンプラグド」のことが書いてあったので行ってみました(これはAUX・森島映さん(新やきめし新聞の主でもある)主催の企画。毎月満月の夜に畳の上で叫ぶライブなのです。無料だけど、投げ銭制度。)

予想通りのイカした空間でしたよ。「汚点紫」。
ついつい心の中の「ロック」がムクムクと頭をもちあげてきますね。
(こういう記事を読んで、「あ、そこ知ってる」とか「なつかしい」とか言ってくる人々に「今こそすべて!」と叫びながらカンチョーをキメたくなる・・・そんな気持ちですよw)

店内のディスプレイは、ことごとくソウルフル。
無言ではありながら、「ほれほれ!」とケツに蹴りをいれられる気分すらします。

この辺は、よくあるアレですが、「汚点紫」にあることでより訴えかけてくる気はしますね。

ルールが書いてありますよ。

この辺の説明はいちいちしませんよ。

これはトイレ横にある坪庭のディスプレイ。
ナム・ジュン・パイクを思い出しましたよ。

「畳アンプラグド」の一番手は、音楽家であり文筆家でもあるエメメくん
この日はカホンを叩いていました。
ライブ前にいろいろ話してたんですが、なかなか面白い子で、ちょいと京都SWITCHにも参戦してくれないかなと思っていたりしましたよ。

今、汚点紫で写真と絵の個展をやってます。。。ってか、今日(2010/1/31)がラストデーかな?

そして、AUX登場。「拾得」の時とは違い、バンドではなく森島さん夫妻によるアコースティックユニット体制ですよ。
またしても、心を「グッ」と掴まれたw

そして最後に汚点紫の銀路さん。
左後ろにあった釈迦のイラストとの対比が絵としてサイコーでしたよ。
もちろん、歌もサイコー。
本当のオリジナリティがそこにはありましたよ。

ボクは@manjideraくんに銀路さんのプロフィールについて少し聞いただけ。
もちろん全然知らない間柄なわけですが、いつかじっくり話してみたいと、彼の歌を聞いて思いましたよ。

こちらは飛び入りでプレイされた「つちのこかぞく」さん。
倍音をミンミン鳴らしてましたよw(あ、ゲロゲロだっけ?)

 

この日の「畳アンプラグド」は、@manjideraくんiPhoneでUSTライブ中継もしました。
観てた人どのくらいいますかね?
UST中継用のiPhoneアプリ、ブチブチ切れて、こういうシチュエーションではあんまり使えないっすね。
でも、様子はわかるので観てみてください。

 

P.S.
写真、ほんとブレブレ。
でも一眼&レンズをいつも持ち歩くのは嫌。
手ぶれ補正付きデジカメ、欲しくなってきたよw
スナップが基本の京都SWITCHだけど、暗いってだけでいいシーンを逃すとなると悲しくなりますな!


より大きな地図で 京都の小窓 を表示

 

関連記事