[五条楽園] 任天堂創業の地を見てきた

五条楽園をほっつき歩いたついでに任天堂の創業の地を見てきました。
ゲーム大好きな人にとっては聖地ですかね?w

上の写真は、正面玄関にある看板。
「トランプ」は左から書いてあり、「かるた」は右からというのがおもしろいですね。
任天堂の創業は1889年・・・明治22年だそうですが、外来語と日本語の間にこういう区別があったんですねー。

「任天堂骨牌」という当初の社名があるのかと思っていたのですが、ここにはありませんね。

どうやら建物自体は昭和になってからのものらしく、しかも、いまでもかなりキレイなので日々メンテナンスが入っている模様。
そんな経緯の中、いつしか看板も新しくなったのかな?

これは、正面の建物の奥。ずっとつながっている様でした。
正面側が社屋、奥が工場。。。と聞いてましたが、今はもう研修施設みたいな感じになってましたね。

そうそう、、、正面玄関にはこんな英語のプレートもありましたよ。

こんな感じに、外壁にもかなりの装飾が施されてます。
真ん中に「福」の字が踊っています。

窓の格子も、かなり手が込んでいるモノ。こちらにも「福」の字が。

個人的にはせっかく残しているんだし、メンテもしてるようなのだから、中を公開してほしいなと思いました。
もったいないよね。
作っているものの性質も手伝って、ゲーム業界はなかなか閉鎖的と聞いていますが、こういうところはオープンにしてバランスを少しでも取るってのはどうでしょうかね?
山内さん、よろしくお願いしますよ!


より大きな地図で 京都の小窓 を表示

関連記事