[京都ダイジェストニュース] 落柿舎の一般公開が再開

昨年末から修復工事のため閉門されていた俳人向井去来(むかいきょらい)遺跡落柿舎(らくししゃ)ですが、工事が終わり、10月1日より一般公開が再開されるとのことです。

芭蕉の愛した美、再び 嵯峨、落柿舎の修復完了
京都市右京区嵯峨小倉山の草庵「落柿舎(らくししゃ)」の修復工事が終わり、一般公開を前に28日、報道関係者に公開された。かやぶき屋根や朽ちた床材が取り換えられ、美しい姿がよみがえった。解体の結果、現在の建物が江戸時代末期の建築と判明した。

詳しくは落柿舎のサイトからどうぞ

関連記事