[京都の小窓] 第10回 AS2 陶芸展に行ってきた!(その2)

AS2 陶芸展、2人目はこの方です。

かのう たかおさん。
すごいインパクトですw
山科の清水焼団地で作陶しておられます。

ついでに、京都SWITCH代表のKeisukeと一枚。
代表でかい。
かのうさんが小さく見えちゃうなぁ・・・。

現場では、かのうさんの存在感は際だっておりましたw
作品の説明もにこにこと親切に対応していただいて、ありがとうございます!

こちらがかのうさんの作品。
アップがあんまりないんだ・・・。
失敗。

赤い酒器がよく目立っています。
とっくりは上がすり鉢状にふたしてあり、低い位置に開口部がもうけてあります。
お酒が流れ込んでいくところを見たくなりますよ。
注ぎ口は側面に小さくひっそりと。
一輪挿しにもいいのでは?と言ってるお客さんもいましたね。

この赤い器、合計4回焼いてるそうでw
素焼き
釉薬をかけて2回目
赤の釉薬をかけて3回目
掘っている線に銀を入れて4回目
赤に銀線がいかしてます!

他にも土っぽい作品が。
ほっとします。
個人的に、上の壺が気に入ってしまい・・・釘付けにw

この壺だけアップがあります。 ==)b
見る角度で形や表情が変わりますよ。
緊張感のある形がええですねぇ・・・。

他にもでかいサイコロ状のオブジェがありました。
実用の器からアートまでいろいろ。
たち吉さんにも作品を置かれているそうなので、見に行ってみようかな!
いつまで置いてあるかは分からない・・・と言ってたので、急いで行かないと。


より大きな地図で 京都の風景 を表示

関連記事