[京都の食] 植物好きにはたまらないカフェ「樹々丸」

どこかのブログで「樹々丸」というカフェが、オフィスの近くにできたということを知りました。
もちろん「行ってみなくては!」ということでお邪魔する事に。

店を見つけて着いてみると、店内への入り口の前に、この「葉っぱと矢印」のプレートが目にはいったので「植物好きな人か?」と思っていたのです。

店内への入り口横には、庭への入り口もあり、こんな風に植物が飾ってありました。
plants+ network」ってな植物のサイトをやっているにも関わらず、あいかわらずボクは植物に興味がありませんw
でも、キレイなものはキレイだと思うし、植物にまつわる話を聞いて「生命力のすばらしさ」を感じるのも好きです。

店内にはいると、こんな感じ。
まだオープンして1週間くらいしか経っていないとのことで、いろいろキレイです。

店内にもいっぱい植物がありました。

いつか欲しいと思っている、蓄音機もありました。
こっちに気持ちがいってしまうことをお許しくださいw

ことばのはおとや、カフェ1001にもあったふくろうの人形が、「樹々丸」さんにも!!
京都カフェ業界でヒットしているんでしょうか?

メインの庭はこんな感じ。。。

こんな感じでもある・・・
絶対に「植物」がキーワードだと、確信しました。

店主の佐々谷さんにお話を聞いてみると、やっぱり「花屋であり、造園もしていた」とのこと。
ボクが「樹々丸」さんに来ているのをTwitter越しにしったことばのはおとの中村さん夫妻が後から合流したんですが、彼らも植物好きということで、植物の鉢を購入したり、佐々谷さんと植物トークを展開したりしていました。
それを聞いていたら、佐々谷さんの植物への想いがちょっとだけ伝わってきて「あー、この人、大好きなんだな」ってのがわかりましたよ。

庭に面した縁側には喫煙スペースもあります。
おじさんにはたまらない気遣い。
タバコ吸いながら、庭と植物を眺めるのはなかなかいいものです。
しかも、この日は雨が降っていたので、これがまたいい演出に。

庭にある木には、鳥の巣箱も。
結構、大きかった。
どんなのがくるのかなぁ?

ボクはコーヒーを注文。
器もスプーンもなかなかいいっすね!!

一緒にいった、若きソフトウェアエンジニア・ナンキくんは、パフェとか頼んでました。
こういうのはボクにとっては謎の選択・・・おじさんには理解不能なのですw

その後、ことばのはおとの中村さん夫妻が合流してからは、食事もいただきましたよ。
これは「ごはんプレート」。
春巻きが抜群にうまかった!

こちらはナンキくんがたのんだ「サンドウィッチ」。
横にiPadがありますなぁ〜〜w

暗くなると、入り口にはこんな看板がボワッと浮かび上がります。

「雨が降ってた」「ことばのはおとの中村さん夫妻が合流した」ってのが重なって、ボクは5時間くらいの長居をしてしまいました。
もちろんそういう条件もあったわけですが、基本的には樹々丸さんの居心地のよさがポイントだったと思います。

そうそう・・・「plants+ network」ってのは、ブログの植物に関する記事を集約する仕組みをもったサイト。
その一部に独自にコラムを書くパートがあるんですが、そこに神戸に住んでいる6歳の小学生コラムニスト「ゆうひくん」というのがいます。
6歳なのに植物が大好き・・・特に木が大好き・・・で、自分でいろいろ調べたり、おとうさん・おかあさんと神戸の山にいって木を見たり、拾ってきたり・・・クリスマスにはサンタクロースに「ヒマラヤ杉をくれ」と頼んで困らせたり・・・
まあ、なんだかすごい小学生なのです。
ゆうひくんのおかあさんはイラストレータということもあり、おかあさん個人のWebサイトを作るって話がありまして、今度京都でミーティングが行われる予定。
その時にゆうひくんも連れてきてもらって、是非樹々丸さんにお連れしようかなと思ったりしています。
あそこでゆうひくんのテンションがどのくらい上がるのか??・・・それが見どころですw
楽しみです。


より大きな地図で 京都の食 を表示

関連記事