[京都の植物] 竹林再生隊

竹林再生隊なるものに参加してきました。
ボランティアなんですが、奉仕の精神にあふれているわけではありません。
竹林オーナーになることがあっても困らないようにです。 ==)b

何をどう整備するのか、放置するとどうなるのか、全く知りませんが・・・まぁ、行ってみれば分かるでしょうw

とりあえず、おにぎり包む皮を激写。
枝は上の方に密集してます。

今日の作業です。伐採・乾燥済みの竹をどんどん運び出す!
厳密には、後日トラックで運び出しやすい位置まで移動します。
ひたすら人力で。
上の方についている枝が結構邪魔になるので、のこぎりで切り落としつつ。

今の時期は、竹が水を吸っていて重いので、伐採には向かないそうな。
実際、かなり大きな竹でも乾いていると軽く持てます。
逆に水分を含んでいるとえらく重いと。
若い竹に耳をあてると水を吸う音が聞こえることがあるそうですよw

伐採しないと、竹が密生しすぎて日が届かなくなり、タケノコも生えてきません。
上の写真だと、右側が管理が行き届いていなくて暗いですね。
伐採は、竹が水をあまり吸っていない秋頃に。
伐採もやりたいな。

美味しいタケノコが生えるのは3~4年目の竹で、節が白いのが1年目、黒くなってるのは2年目以降の竹です。
真ん中の竹、青々としていかにも一年生w

こちらは青々とした根。
こいつからタケノコが生えるんだな。
この状態だと、むしろ罠。つまずきまそうです。

それなりの労働でしたが、2時間ほどだったのでへばることもなく終了。
仕事で一日やるのはかなりきついでしょう・・・。

タケノコ収穫期の前には土を入れるそうです。
タケノコは地表に出ちゃうと味が落ちるので、根と地表の距離をかせぐわけですね。
だんだん竹林オーナーになれそうな気がしてきた。

主催:たけプロさん


より大きな地図で 京都の風景 を表示

関連記事