[建物] 大田神社近くの土塀

大田神社からぶらぶら南下すると、古い土塀がありました。
これもなかなかはげてきてます。

苔(?)がちょっと生えてますね。
落書きも見えます。こら。

雨だれの削れ跡がつながって下の方が崩壊するのかな。
補修跡にはまだ浅い雨跡があります。
お寺などの土塀は軒が深いから削れないんだろうなぁ。屋根も骨組み組んであるもんね。

屋根裏のはがれたところに漆喰の断面が見えました。
重ねて塗っていることがよくわかります。
漆喰の層が均一で薄いw

近づくと、石がごろごろ。藁ははっきり見えません。
石を入れるあたりも、昔のコンクリートといったところでしょうか。

たまたま出てこられた家の人に話を聞けました。
こちらの土塀は築300年だそうですw
補修してみたけれど、上から塗ってもはがれてくるそうで、
「いやがりはるねん。」
とおっしゃってましたw 変なもの塗るなってことでしょうか。

上賀茂神社から大田神社にかけては、人も少な目で静かにぶらぶらできます。
古い土塀も多く、景観に配慮してるのかも。
上の民家も大田神社に関係のある古いお家のようでした。


より大きな地図で 京都の風景 を表示

関連記事