[ショップ] 極楽堂書店に行ってきた

Twitterで「京都SWITCH TV」の企画としてピッタリな発言を見つけました。
「誰だろ?」とふと見ると、いつも気になっていた「極楽堂書店」さんのつぶやき。
こりゃもう話に行くしかないって事で、行ってきましたよ。

結構暑い日だったのですが、得意のチャリで「極楽堂書店」さんがある五条坂を登っていきます。
すると、一際異彩を放つ「毒」の文字がおどるのぼりが!!
「あ、あれだw」ってことで、到着。
すぐに入るのがもったいなくて、周辺を観察w。。。ほんと、悪い癖です。

中に入ると、約束していた店主の月澤さんはまだいらっしゃってなかったので、2階のギャラリースペースを見学させていただくことに。
蜷川実花さんによる、楳図かずおハウスの写真や、「さくらん」で使った着物の展示がされていました。

もちろん、それらも興味深く拝見させていただいたんですが・・・こんな天井ぶち抜きなギャラリースペースに興味深々なボクw

さらには外を見て、駐車場にならんでいる観光バスに目を奪われる始末w

そんなこんなで、いろいろ楽しんでいると、店主の月澤さん登場!!w

極楽堂書店の事をいろいろお聞きした上で、京都SWITCH TVの企画の話をさせていただきました。
まだ、なにも決まってないけど、面白いことができるかもしれない予感。
楽しみだ!!

そして、これが名物「毒まんじゅう」。

こんなことになっとります。
ボクが店にお邪魔している間にも何箱か売れていました。
あの店の前のノボリ。。。かなり効果抜群のようですw

店内はこんなかんじ。

町家な店内を全部自分で装飾したそうです。
壁紙には「春画」やなにやらがいっぱい。

「ピンクや〜ん」と最初に見たときは思ったのですが、少しいるだけですぐに慣れて、なんだか落ち着いてくるから不思議です。
みなさんも是非体験するといいと思います。
「スピリチュアルなうんぬん」とかって話じゃないですよ!なんだしょうね。。。デザインの妙なのかな?

あと、お寺の息子さんという月澤さんは、お寺から小さい阿弥陀如来の立像をもってきて飾っていました(写真にもちょとうつってるよ。さあ、どれでしょう?w)。
その話を聞いて、ボクの「仏像LOVE」な気持ちがパーン!と音を立てて一気に全面に出てきましたよw
良く見ると極楽堂書店の本棚には仏像関連本もかなりありましたし、仏像グッズも・・・ああ、また仏像LOVEな日々に突入してしまうのか?と一瞬自分のコントロール不能な気持ちにひいてしまいましたw

こちらは、仏像・・・・ではなく、極楽堂書店の広報および編集・・・そして店番をされている吉田さん。
これが吉田さんが運営しているという「ごくらく編集部」ブログ

あれ?なんだか緩さが京都SWITCHっぽいぞっw。
ライターとしてスカウトしなくちゃいけませんね!!

 

ってなわけで、センス抜群で楽しすぎる極楽堂書店のレポートでした。
ちなみにボクは「毒まんじゅう」は買ってませんw


より大きな地図で 京都の小窓 を表示

関連記事