[街の風景] トマソン的火の見やぐら

西本願寺の南側に「安寧消防分団器具庫」という建物があります。

こんな具合に立派な建物。

そこになぜか「火の見やぐら」みたいなものがくっついているのです。
2階部分からせり出すように。
一瞬「これ使っているのか」と思わせますが・・・その線の細さなどから、観察しているうちに「ぜったいハリボテだ」と思うようになります。
イルミネーション用の電飾なんかもついてて、バカにされているような気さえしてきます。。。

そうなってくると「なんの為に作ったのか」を考えるわけですが、全然わかりませんねっ!!!w
これは超芸術トマソンなのかな?赤瀬川せんせに聞いてみたい。


より大きな地図で 京都の小窓 を表示

関連記事