[京都の小窓] 三宅八幡宮 鳩?鳩・・・鳩!

移転してオープン前の「いい樹なもんだ」にLANの設定や、Google Apps導入サポートにいってきました。
その際、作業そっちのけで「三宅八幡宮に行こう」ってことになり、散歩がてらいってきました。

「普通の神社なんじゃないの?」なんて気軽な気持ちで行ったわけですが・・・

鳩ですよ。

鳩、鳩!!

鳩・・・・あひる?

はと!!(インコ的着色)

鳩!鳩!!(向こう側に少しだけ見える、ブレたおっさんはいい樹なもんだ・黒田さん)

鳩と・・・鳩の足(折れたね)

鳩の餌!!!(50円!!ここがビックリだよ)

鳩餅!!

 

というわけで、鳩だらけなのでありましたw

三宅八幡宮の歴史は、推古天皇のころまでさかのぼるそうですから、相当古い神社です。
そんな由緒ある神社に「鳩!」と言われたら、もう「鳩!」なんですよ。そう言うしかありませんw

神様の使いとして「鳩」がこれほど全面に押し出されているみたいですが、ボクとしては「ベランダに来て、うるさい&ニオう奴」ってな敵対視しかないので、とっても変な感じがしますよ。
wikipediaによれば「虫封じ、夜泣き、安産、学業成就の他、虫退治」にご利益があるなんて書いてありますが・・・

鳩以外に印象的だったのが、灯篭などが上の写真のように、なぜか2つで1組になっているのが多かったこと。
上の写真のは形態からして珍しいし、他にあった普通の灯篭も「1つの台に2つ乗ってる」ってのがありました。
これはなんですかね?
あまり他の神社では見ない形式だと思うんですが。。。歓喜天信仰とかと関係あるんでしょうか??


より大きな地図で 京都の小窓 を表示

関連記事