[祇園] 京都ゑびす神社に行ってみた

「えべっさん」というと、「地蔵盆」と共に関東出身のボクには「?」なイベントです。
でも、もちろん経験してみないとわからないってことで、「京都ゑびす神社」に行ってみました。

八坂神社にもえべっさんは祀られていると聞きましたが、名前に「ゑびす」が入ってる方がいいかなと思ってw
(テレビで八坂さんの「商売繁昌で笹もってこい!」とか「えびす船巡行」とかを見ましたが、ああいうのはボクはいいやって思ったのもある)

「宵ゑびす」と呼ばれている1月9日(十日ゑびす祭は1/8〜12で、10日が本祭)に参加しました。

バスで四条河原町まで行って、歩いて大和大路通に向かうと、大和大路は露店がずらっとならび、人もいっぱいです。
「おお、祭りにきたな〜」と、あまりお祭りに行くのが好きではないボクは改めて確認。
せっかくなので露店をいちいち見て歩いてみました。
一番インパクトがあったのは、上の写真にある「いわし」w
ディスプレイ方法がかなりいいですよね。迫力満点でした。
店のおっさんに「すごいねぇ」なんて言ってみると「もう、皆殺しですわ〜」と、(きっとお決まりの)ボケをかましてきましたw

その他にも、何故か「空気銃」ばかり売っている店とか、「謎のお菓子」を売っている店とか・・・露店は今も昔も変わりませんね。
東京モンとしては、ついつい「寅さんみたいなのいないかな?」と探してしまいますが、もちろんいませんw
ジャージ姿の若い子なんかが店番しているのが多かったですね。

露店を一通り楽しんだ後、「京都ゑびす神社」へ。
もう、お賽銭を出すために並ぶ・・・もう絶対に嫌ですね。
鈴をガラガラしたい場合は並ぶしかないですが、ボクはその辺はどうでもいいので・・・・

・・・サクッと脇から最前列へ。
えべっさんは「商売繁盛」を願う祭りですから、みなさんの目もかなり真剣ですね。
もちろんボクも商売をやってますから・・・脇からではありますが・・・お賽銭を投げて、今年の飛躍を願ってきましたよ。

この後、せっかくだからということで、おみくじもやってみました。
「大吉」いただきましたよ。
もう飛躍間違いなしですね!

祭壇の前にはでかい「マグロ」が祀られています。
「えびすさんと言えばタイなんじゃ?」と思いますが、小さいタイがここにあるよりは、マグロの方がよさげではあります。
不思議と「ありがたいモノ」に見えてきます。

「えべっさん」といえば「笹」ですが、これ3000円。。。
本当は欲しかったのですが、「バカバカしい」という気持ちがスッと心を支配して「いらね」となりましたw
神社の一角には前年に買った笹を入れるところがあり(そこにも賽銭箱があった)、ゴミのように笹が積まれていましたよ。
日本人にとって「年を越す」ってのがとても大きな意味があるってのが、この辺でも感じられます。

ぐいぐいくるおっさん・おばさんに辟易しながらも、くまなく様子を伺っていると、日本髪のおねーさん達がいました。
もう無条件にかわいいですな!w
この「丸い奴」を買ってあげたくなりますが、きっとねーさん方の方がボクより稼いでいるはず。。。

本殿で、えびすさん(とマグロ)に願いをした人たちは、本殿横にまわって、この板をバシバシ叩いてます。
なんだ?と思って、調子のよさそうなおっさんに聞いてみると「えべっさんも歳だからな」とw
数人に聞いたのちにその意見をまとめてみると・・・どうやら、えびすさんに「念を押す」ために、年寄りになったえびすさんに聞こえるように壁を叩きながらもう一度願をかけるということらしいです。
もちろんボクもバシバシ叩いときましたw
調子のいいおっさんは「えべっさん、今年もたのんまっせー」とでかい声を張り上げていました。。。調子のよさで、このおっさんはきっと今年も大丈夫だとボクでさえ思いましたよw


より大きな地図で 京都の小窓 を表示

関連記事