[京都の植物] 【定点観測】 ひめきんぎょそう 5回目

定点観測第5回目。
またまた・・・またまた、変化がありましたよ。

一番奥のヒメキンギョソウの列に、ビニールが設置され、一番手前のなんだかわからない(カタバミ?)草の列にビニール紐が。

ヒメキンギョソウのビニールの中を見ると、なんだか芽のようなものが出てきている感じです。
これは、まさに「出てる」んでしょうか?

ビニールがない列のヒメキンギョソウも、ビニール内の「出ているモノ」と同じ形のモノが出ています。

これは、一番手前の列。
元気に育っています。
大きくなって来たので、ビニール紐で支えているということなんでしょう。

これは、ストロベリーキャンドル(もしくはカタバミ・・・ってか、いまだになんなんだか全然わからない!w)の列。
どんどん増殖していますね。
もはや雑草っぽくもあります。

京都は完全に冬になり、かなり寒いのですが、こいつらはちゃくちゃくと育っているようです。
なんともカワイイ奴等ですね。
種類がわかんないのが、とても歯がゆくなってきました。
そろそろどなたか教えてください!w
(育てている張本人のおっさん(or おばはん)には、まだ遭遇していません・・・)

関連記事