[上京区の寺] 広徳山 慈受院

第45回 京都非公開文化財特別公開」から、慈受院に行ってきました。

通常は拝観不可能なこういうお寺が公開されると、テンションがかなり上がりますが、やっぱり「いつも開けといて」とコンビニ感覚で意見をいいたくなります(もはや病気。気にしないでくださいw)。

慈受院は、東洞院三条にあった通玄寺の塔頭の一つで(今は独立寺院)、臨済宗の門跡寺院(開祖の正式な後継者がやっている寺ってこと)です。
別名を「薄雲御所」とか「竹之御所」とか「烏丸御所」とかいうそうです(堀川にあるけど烏丸とはこれいかに)。
薄雲御所ってのは、いわゆるひとつの「源氏物語」のあれでして、ちゃんと研究者が「そうなのや」と太鼓判押しているとのこと。
前に紹介した「大本山廬山寺 紫式部邸宅址」と合わせるとかなり濃い感じになりますね。

仏像

さて、まずは仏像です。

本尊ですが・・・「扉は開いているが、まったく見えない」というなんとも歯がゆい状況でした。
多分、釈迦坐像なんですが(朱印から判断)、小さくて、奥の方にあって垂幕で足しか見えないって感じ。
なんとか!と思って目を凝らしましたが、ムリでした。

それ以外には、寺宝として公開されていた室町時代の六臂で憤怒な童子像と、後水尾天皇の念持仏であった小さい阿弥陀立像がありました。

童子像は、六臂で憤怒なのが珍しいので、釘付けにw
岩座に立っているんですが、そこに白い花びらみたいな図柄が施されていて、これまたグッときます。
慈受院は尼寺なわけですが、尼僧がこれほど激しい像を拝むってことを考えると・・・「なにがあったんや」と問いたくもなりますねw

門は、一番上の写真。
とってもこじんまりとしていて、壁と一体型になっています。
「なかなか開けません」という意志が伝わってくるような・・・w
尼寺といっても、京都の真ん中にあるわけですから、おいそれと出たり入ったりできないってことなんでしょうか?

やっぱり、かなり女性的な感じの庭でした。

阿弥陀さんの前に置かれた花がポイントです(なんて花ですかね?)。

「きのこの山」的な灯篭。
見たときに唾が出たのは秘密です。

いろんな形の石でステップを構成。
これはなかなかカッコいい!

おみやげ

普段公開されてないのに、おみやげが充実していました。
毎年特別公開には参加されているみたいで、そのために品揃えがいいのかもしれません。

扇子もいい感じ。

御守も、ひかえめなデザイン。

朱印

やはり女性っぽい感じの字で書かれた朱印です。
ただ、これ印刷。
朱印帳に貼るタイプのものです。
これはザンネン・ポイントです。
やっぱり下手でもなんでも直筆のサインが欲しいなーw

場所


より大きな地図で オレの寺巡り を表示

関連記事