[京都の食] 新福菜館のカップ麺を食べてみた

セブンイレブンで関西限定発売中の「新福菜館」カップ麺を食べてみました。

新福菜館といえば「京都ブラック(*1)」という別名のとおり、真っ黒なスープが特徴の京都の名店。
(*1 これは「富山ブラック」なんかに対抗して最近ちょっと言われてるだけで、実際は京都でそんな風にいう人はいません)

袋はかやくが2つで一つはチャーシュー、一つは後のせのネギ、スープは液体スープです。

完成はこちら。なかなかのビジュアルですが、本物の迫力とは比べてはいけませんな。

味の方は・・・スープはカップ麺としてはなかなかの再現度だし、麺も中太ではごたえがあって、なかなか楽しめる感じだと思います。
が、しんぷくファンならやはり店に行くべきですかね!

ちなみに新福菜館本店のサイトでは、生タイプの中華そばの通信販売もありますので、もう我慢できない人はそちらをどうぞ!(笑)

関連記事