[京都VOW] 京阪電車の成田山のお守り

京都市営地下鉄東西線を利用しているボクは、東西線に乗り入れている京阪大津線の車両に乗ることがあります。
大津線の車両は4両編成と短いので、一番前とか一番後ろに乗るケースが結構あったりします。

そんなときにいつも不思議に思っていたのは、上の写真にある成田山のお守り。
なんで、京阪電車に関東にある成田山のお守りがついているんでしょうか?
大津線ではどの車両でも、もれなくついています。
淀屋橋・中之島と出町柳を結ぶメインの線を走っている車両でも、もちろん見かけたことがあります(全車両ついているかはわからないけど)。

で、おなじみWikipediaで調べてみると・・・「成田山大阪別院明王院」という項目にその謎について書いてありました。
京阪沿線の街作りに成田山新勝寺が大きくからんでいたのですね・・・
もちろん、なんで「成田山新勝寺なんだ?」という疑問は残るわけですが・・・事情通の方、ぜひ教えてくださいませ!

関連記事